グルコサミンは加齢とともに減少する!|痛みが悪化する前に補おう

いつでも動けるようにグルコサミンで健康をキープ

骨を丈夫にする

膝を触る人

関節痛の改善ばかりが注目されるグルコサミンですが、ほかにも注目すべき効能がいくつかあります。その中でも注目したいのが、骨粗しょう症の予防効果です。カルシウムが骨に定着するのをサポートしてくれる成分なのです。

詳細へ

冷え性改善も期待できる

膝を押さえる人

血流が悪くなると、様々な不調を引き起こすことがあります。ドロドロの血液を改善したいのであれば、血小板同士をくっつきにくくする、グルコサミンを積極的に摂取するとよいでしょう。

詳細へ

軟骨をつくる成分

関節

人間の体内でつくり出すことのできる成分というのはいくつかあるのですが、そのいずれも人間の体にとって欠かせない成分であると言えます。しかし、それらの成分の中には加齢とともにつくり出せる量が減少するようなものもあるのです。そのひとつが、グルコサミンです。これはおもに、関節の軟骨をつくっている成分であり、関節を守るという重要な役割を果たしています。そのため、加齢とともにグルコサミンをつくり出す量が減ってしまうと、関節の痛みを感じるようになるのです。軟骨をつくりだす成分のひとつであるため、この量が減ると自然と軟骨はすり減っていってしまいます。そうなると、関節の骨同士がぶつかってしまったり、神経に当たったりするなどして痛みを感じるのです。これを解消するためには、不足している分のグルコサミンを補ってあげることが有効であると言えるでしょう。不足している分を補うというと食品から摂取することを考えてしまいますが、グルコサミンの場合は食品からの摂取は難しいです。というのも、食品に含まれる量というのは微量であるためです。カニやエビなどの甲殻類には比較的多く含まれていますが、不足している分を補おうとすると相当な量を食べなくてはなりません。そのため、グルコサミンは食品から摂取するよりもサプリメントから摂取する方がおすすめなのです。サプリメントであれば、小さな錠剤を数粒飲むだけなので辛さもありませんし、味も臭いもほとんど気にならないでしょう。特定の食品を毎日食べるというのは案外大変ですが、サプリメントなら毎日継続して摂取することも苦痛にならないのです。

20代から量が減る

サプリ

中高年になってから減少を始めるイメージのあるグルコサミンですが、実際には20代から減少を始めます。そのため、50代になる頃には相当減少してしまっているのです。サプリメントであれば簡単に十分な量が摂取できます

詳細へ