20代から量が減る|グルコサミンは加齢とともに減少する!|痛みが悪化する前に補おう

グルコサミンは加齢とともに減少する!|痛みが悪化する前に補おう

ウーマン

20代から量が減る

サプリ

立ち上がったり歩いたりするたびに関節の痛みを感じてしまうと、日常生活に支障が出ることもあるでしょう。痛みを感じるということは辛いことですので、立ち上がることや歩くこと自体が嫌になってしまい、家に引きもりがちになる原因になるのです。これを防ぐためにも、早めの対策をすべきであると言えます。実は、軟骨をつくる成分のひとつであるグルコサミンは、20代を過ぎた頃から減少を始めるのです。中高年になってから減少するイメージがあるかもしれませんが、実際には20代という早い段階から減少を始めているのです。そのため、50代を迎える頃には生まれたときと比べて2割ほどの量しかつくられなくなってしまいます。ここまで量が減ってしまうために、関節痛を引き起こしてしまうというわけです。グルコサミンは体内でつくられる量が減ってしまううえに、食品に含まれる量がごくわずかという成分ですので、これを補うためにはサプリメントを利用するのがよいでしょう。サプリメントであれば、1日に数粒飲むだけで十分な量のグルコサミンを摂取することができます。また、サプリメントによってはグルコサミンとともに摂取することで相乗効果が期待できる、コンドロイチンが配合されているものがあります。関節痛の改善に対して、より高い効果を望むのであれば、このようなサプリメントを選ぶのがよいでしょう。さらに、コラーゲンやプロテオグリカンといったほかの軟骨をつくり出す成分が配合されたタイプなどもありますので、好みに合わせて選ぶことができるのです。